PBMのメカニズム

フォトバイオモジュレーションは近赤外線光を使用した、
フォトバイオテクノロジーです。作用機序は下記をご参照ください。

What is Photobiomodulation?

フォトバイオモジュレーションとは、特定の波長およびパルスレートの光エネルギーを利用する技術です。

近赤外光(810-1064nm)のエネルギーがチトクロムC酸化酵素(CCO)に吸収され、調節されます。

Vielightの技術は、脳フォトバイオモジュレーションの分野で最も多く発表された研究によって裏付けられています。

Mitochondria- CCO


ミトコンドリア内の複合体Ⅳである、チトクロームCオキシダーゼ(CCO)はエネルギーの源であるATPの生成に重要な役割を果たします。

 CCOは、ミトコンドリアにおける酸素の最終的な電子受容体として機能し、これによってATP(アデノシン三リン酸)の生成が行われます。

このATPは細胞内でのエネルギーの基本的な供給源であり、様々な生命現象において重要な役割を果たしています。 

またCCOは近赤外線光に吸収波長を持つという特徴があります。

Effect

CCOによって吸収された近赤外線光は様々な変化をもたらします。
 

・シナプス形成促進  

・血流量の増加 

・抗炎症作用 

・抗アポトーシス  

・SOD(抗酸化物質)の増加 

・ニューロトロフィンの増加 

・ニューロン興奮毒性の減少 

などが報告されています。